オヒョイだけどイボタガ

傍らと離れる状況社会人になってから、学生時代の傍らと揉めて去ることを2回積み増しました。
両者に共通するのは「他人の期間を奪うことを悪いと思っていない」ところです。
たとえば「今期間があいちゃったから、構おう?」と僕がいつでも構っていただけるとでも思い込んだと通告がきたかと思うと、半後に「ゴメン、腹積もりが入ってた…」と連絡が来ることがしばしばありました。
そうして、その度に笑って許していた自分が頂点小さいのです。
僕が傷ついたふりでもすれば、傍らをここまで甘やかすことにもならなかったはずです。
両者の傍らと離れたため、自分の期間を大切にすることと、他人に時間を使ってもらうことに謝辞をすることを心がけるようになりました。
ただし、本当はもう傍らなど取り除ける考えも行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です